2016年11月15日

居宅介護支援のサービス内容とは?

遠山和久と申します。「居宅介護支援」について、どのようなものなのかをご説明します。

居宅介護支援のサービス内容



■ケアプラン


ケアプランの作成の順序は、まずケアマネジャーが介護サービス利用者の住まいを訪問し、体調や生活環境などを調査・分析します。これを「アセスメント」と言います。
次に介護事業者と利用者、利用者の家族、そしてケアマネジャーにより話し合い、サービスについて決めます。
ここでの話し合いをもとにしてサービスの内容や利用回数などを決めたのが「ケアプラン」です。
「ケアプラン」の作成については、利用者が費用を負担することはありません。

■「要介護認定」の更新


居宅介護支援では、「要介護認定」の更新手続きを行います。
「要介護認定」には有効期限があり、「いつ更新をするのか?」「どうやって更新するのか?」と、お困りになるかと思います。そんな場合は居宅介護支援事業所のケアマネジャーに相談してください。手続きも含めて対応してくれます。

■介護についての相談


「介護給付って?」「うちの地域ではどんなサービスが受けられる」など、様々な疑問や悩みがあると思います。居宅介護支援では、無料で介護についての相談に乗ってくれます。
posted by 遠山和久 at 17:07| Comment(0) | 遠山和久の介護情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

居宅介護支援とは?「居宅介護支援」の流れ

遠山和久と申します。「居宅介護支援」について、どのようなものなのかをご説明します。


居宅介護支援とは


居宅介護支援とは、ケアマネジャーが、「介護サービス利用者の自立した日常生活」の為にサポートするというサービスです。
利用者の状況に応じた「ケアプラン」を作成し、適切なサービスを提供します。

「居宅介護支援」の利用対象者は要介護(1〜5)と認定された方、そして40〜64歳までの方で認められた方になります。
「居宅介護支援」を利用したい場合は、市町村などの窓口に問い合わせて居宅介護支援事業所を紹介してもらってください。
<例>
「うちの母は○○区△△町に住んでいるのですが、どこの居宅介護支援事業所に行けばよいのですか?」

居宅介護支援事業所に相談すると、ケアマネジャーが対応してくれ、「ケアプラン」作成への流れになります。
<例>
利用者「要介護認定で[要介護1]と認定されたのでケアプランの作成をお願いしたいんですが」
ケアマネジャー「お住まいはどちらですか?まずはご利用者さまのご様子やサービスに関するご要望を伺いにまいります」


このようにしてケアマネジャーが利用者の家を訪問し、ケアプランの作成となります。
posted by 遠山和久 at 13:09| Comment(0) | 遠山和久の介護情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

訪問介護とは?

遠山和久と申します。訪問介護について、そのようなものなのかをご説明します。

訪問介護とは



訪問介護というのは、訪問介護サービス事業者の介護福祉士やホームヘルパーがサービス利用者の自宅に訪問して介護サービスを行う事です。
利用者が日常生活を送るための支援を行います。
内容は、様々なものがあります。

「身体介助」・・・食事、入浴、排泄など利用者に身体に触れるサービス
「生活援助」・・・掃除、部屋の片付け、食事の用意など、利用者の身の回りのことを行うもの。
「通院等乗降介助」・・・通院の際の車の乗り降りなどの補助。
内容については、訪問介護サービス事業者により変わります。

訪問介護サービスの費用



訪問介護サービスにかかる費用は下記のようになっています。

【身体介護】
■20分未満・・・165円/回
■20分〜30分未満・・・245円/回
■30分〜1時間未満・・・388円/回
■1時間〜1時間半未満・・・564円/回
■1時間半以上(30分ごと)・・・80円/回

【生活援助】
■20分〜45分未満・・・183円
■45分〜・・・225円

※参考資料:厚生労働省「介護報酬の算定構造」(平成27年4月現在)
posted by 遠山和久 at 17:18| Comment(0) | 遠山和久の介護情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。