介護施設の施設長が過労死基準の残業でも残業代0の現状

保育園の園長や介護の施設長は、なぜ過重労働になるのか?(Yahoo!ニュース)
という記事を読みました。

最近のニュースで、電通の社員の方が過労自殺された事が話題となっています。
そして、介護の現場でも、かなり過酷な労働環境があり、こういった出来事がいつ起こってもおかしくないという現状があります。

この記事ではデイサービス(高齢者通所介護施設)で施設長をされている方の例が紹介されています。
全施設長がうつ病になる、スタッフ不足の問題、一日の労働時間は休憩無しで13時間も。
にもかかわらず残業代は0。この方は入社して9ヶ月でダウンされたそうです。
かなり過酷な環境となっています。

これは介護施設で働く人だけの問題ではなく、介護サービス利用者にもかかわってきます。
スタッフ不足によりサービスが行き届かない、あるいは雑になる、見落としが発生する。
さらには過酷な労働のストレスによるサービスの質の低下。
ひどい状況ではいじめや虐待。
介護の仕事というのは人が行うサービスです。
介護スタッフの心身の健康が重要なはずです。
「良い介護サービス」の為に良い環境を整えることが急務です。

この記事へのコメント