居宅介護支援のサービス内容とは?

遠山和久と申します。「居宅介護支援」について、どのようなものなのかをご説明します。

居宅介護支援のサービス内容



■ケアプラン


ケアプランの作成の順序は、まずケアマネジャーが介護サービス利用者の住まいを訪問し、体調や生活環境などを調査・分析します。これを「アセスメント」と言います。
次に介護事業者と利用者、利用者の家族、そしてケアマネジャーにより話し合い、サービスについて決めます。
ここでの話し合いをもとにしてサービスの内容や利用回数などを決めたのが「ケアプラン」です。
「ケアプラン」の作成については、利用者が費用を負担することはありません。

■「要介護認定」の更新


居宅介護支援では、「要介護認定」の更新手続きを行います。
「要介護認定」には有効期限があり、「いつ更新をするのか?」「どうやって更新するのか?」と、お困りになるかと思います。そんな場合は居宅介護支援事業所のケアマネジャーに相談してください。手続きも含めて対応してくれます。

■介護についての相談


「介護給付って?」「うちの地域ではどんなサービスが受けられる」など、様々な疑問や悩みがあると思います。居宅介護支援では、無料で介護についての相談に乗ってくれます。

この記事へのコメント