居宅介護支援とは?「居宅介護支援」の流れ

遠山和久と申します。「居宅介護支援」について、どのようなものなのかをご説明します。


居宅介護支援とは


居宅介護支援とは、ケアマネジャーが、「介護サービス利用者の自立した日常生活」の為にサポートするというサービスです。
利用者の状況に応じた「ケアプラン」を作成し、適切なサービスを提供します。

「居宅介護支援」の利用対象者は要介護(1~5)と認定された方、そして40~64歳までの方で認められた方になります。
「居宅介護支援」を利用したい場合は、市町村などの窓口に問い合わせて居宅介護支援事業所を紹介してもらってください。
<例>
「うちの母は○○区△△町に住んでいるのですが、どこの居宅介護支援事業所に行けばよいのですか?」

居宅介護支援事業所に相談すると、ケアマネジャーが対応してくれ、「ケアプラン」作成への流れになります。
<例>
利用者「要介護認定で[要介護1]と認定されたのでケアプランの作成をお願いしたいんですが」
ケアマネジャー「お住まいはどちらですか?まずはご利用者さまのご様子やサービスに関するご要望を伺いにまいります」


このようにしてケアマネジャーが利用者の家を訪問し、ケアプランの作成となります。

この記事へのコメント