介護認定とは?申請の流れを解説

遠山和久と申します。介護保険による介護サービスを受けるためには、介護認定されなければなりません。
では、介護認定とはどのようなものなのでしょうか?

要介護認定の手続きと流れを説明致します。

介護認定申請の流れを解説


まずは住んでいる市区町村へ申請を行います。
要介護認定の申請で必要なものは
・介護・要支援認定申請書
・主治医の意見書
・印鑑
・介護保険被保険者証
・医療保険証(40歳から64歳までの場合)
となります。
申請書は市区町村の窓口で貰うか、ホームページでダウンロードできます。
申請書には、住所などの他、主治医の名前や保険証の番号などを記入します。
なお、要介護認定の審査にはお金はかかりません。

1時判定


申請が受理されると、1時判定となります。
ケアマネジャーや役所の人などの調査員が家庭を訪問して介護の対象となる方への聞き取り調査や家族への確認をして、介護が必要かどうか心身の状態などを審査します。
その内容が登録され、コンピューターによって判定が下されます。
判定までの間、ケアマネージャーに「暫定ケアプラン」を作成して貰うことにより介護サービスを受けることができます。もし介護認定を受けた場合、申請時に遡ってサービスを受けることができます。

2次判定


保健・医療・福祉に関する専門員5人程度の審査員が審査します。
主治医の意見書や調査票の特記事項などに基づき審査されます。

介護認定


2次判定に通過すると、介護認定となります。
基本的に、申請から30日以内に結果が通知されます。
介護認定審査会の結果はこの3つに分かれます。
・非該当(自立)
・要支援
・要介護(1?5)
この結果に応じて、ケアプランの作成をします。
これでようやく、介護サービスが始まります。

この記事へのコメント